2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« 風を感じて。 | トップページ | そこはどこ? »

番外編。

ヘタレにはフェレットの家族もいる。

その名も『藤子さん』
藤子さんは、大徳同様、やっぱりちょっと大きくなったフェレットで、
格安で売られていた。
なぜだか、高級フェレットと随分差があり・・
粗相し放題・噛む・抱っこ嫌いetc、なかなかペットっぽくなかった。
フェレット?てかほぼ鼬。
でも、このスーパーマイペースに共感。

途中、体調を崩し、ヘタレが不在になるのも伴い、
実家に避難。
体調は回復し、なにやら実家が本人にとって快適なようであり、
諸事情も重なり、そのまま実家の子になった。
だもんで、ヘタレはご飯やオヤツ、爪きり、シャンプーなど
周辺援護にまわることに。


それから数年・・

夏の暑いさなか、『尻尾の毛がハゲテない?』と気づく。
本人はいたって元気な為、年齢もあるのかなぁ~と、
さして気に留めなかった。


更に数ヶ月・・、

なんだか身体の毛が薄くなったような。特に尻。
『年齢かな?他は何も変化ないんだよね~』なんて、
両親とも話す機会が増えた気がする。


さらに更に数ヶ月・・

痩せた気もしてきた。でも本人元気。



時は過ぎ・・
翌年の初夏だったか、違和感は現実実を帯びる。

副腎腫瘍。
発病から早い子だと3.4ヶ月で亡くなるらしい。

それが藤子さんの病気だった。


特に藤子さんを可愛がってくれていた父が、一所懸命調べてくれた。
『先ず尻尾から脱毛が始まり、下半身から頭部に広がる。ホルモンバランスの
異常から、皮膚の痒みが強くなり徐々に痩せていく。』

インターネットにも、藤子さんとそっくりの病気の子の写真が掲載されていた。
ヘタレの母は看護士の為、父と一緒に調べた結果、どうやら間違いはない、
と判断。人間でも大変な病気だと。

最近、この病気が増えているそうだ。
原因は、主に近親婚。ペットブームの歪。胸が痛む。
もちろん、治療についても検討した。
ホルモン療法・外科手術・・どれも治癒には繋がらず、本人の負担と
危険性ばかりが目につく。


『自然にまかせよう。』と決めた。




それからは、やれる範囲で見守っている。

常食のご飯と一緒に、ドライフルーツをあげる。藤子はこれが大好き。
水も平皿に置いたり、フリースでフカフカの布団に潜り込む。
排泄も問題ないし、毎晩、20時から1時間、ケージをでて遊ぶ。
日課は、押入れの別荘から、母のメガネケースを口に咥えテレビ裏の別荘や
納戸別荘へ運ぶこと。

『藤子ー』と呼べばどこからでもでてくる。ちょっとお利巧さん。


反面、ゆっくりと脱毛は広がっているし、以前よりかなり痩せて、
肋骨や仙骨が浮き出ている。掻き壊しで血の塊があった。
眠る時間も増えたし、ちょっとヨタヨタする感じもする。

クリスマス、お正月、そして藤子の誕生月・・無事迎えられるのか、
正直ドキドしてしまう。

一度母が、『もう駄目かなぁ。』と想う日もあったらしい。
夜中に吐きもした。
それでも、藤子さんはゆっくりと日常に戻ってくる。



2月。
藤子さんは6才になった。
201002122135001
おめでとう。





もうじき春だよ。


« 風を感じて。 | トップページ | そこはどこ? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1320051/33540946

この記事へのトラックバック一覧です: 番外編。:

« 風を感じて。 | トップページ | そこはどこ? »